MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

ニュース深掘り講座アーカイブ【鈴木エイト】「旧統一教会への解散命令の行方~メディアの役割」(2,000円)
東京新聞の記者や有識者が、ニュースや専門分野を深掘りして解説するオンライン講座です。ぜひご購入いただき、動画をお楽しみください。
  • 視聴期間:ご購入から31日間

ニュース深掘り講座アーカイブ【鈴木エイト】「旧統一教会への解散命令の行方~メディアの役割」(2,000円)

ニュース深掘り講座
~記者や有識者が徹底解説!過去開催講座を特別にお届けします

ニュース深掘り講座は、東京新聞の記者・論説委員や外部の有識者が、時事問題や専門分野を深掘りして解説する話題のオンライン講座です。
ニュース深掘り講座の過去の開催回から一部を、アーカイブの動画でお届けします。
ご購入いただいた動画は、1カ月間の視聴期間に、お手持ちのスマートフォンやパソコンからいつでもご視聴いただけます。専門的知見から、物事の深層に迫る分かりやすい解説をぜひお楽しみください。

プログラム・講師

「旧統一教会への解散命令の行方~メディアの役割」
講師:鈴木エイト(ジャーナリスト)

〈内容〉 安倍晋三元首相銃撃事件で”可視化”された統一教会と政界の癒着。反社会的なカルト団体と政治家の不適切な関係の陰で見過ごされてきたカルトの被害者たち。権力を監視し被害者の声を拾いあげ社会に提示する役割をメディアが果たしてきたと言えるのか。社会的弱者を救済すべき政治家が加害組織の体制保護に寄与してきた構造、そして「空白の30年」を生んだ責任はどこにあるのか。カルト的な宗教団体による政界工作、社会はこの問題にどう向き合っていくべきなのか。教団内部資料や独自取材の成果から解説する。解散命令の請求を司法はどう判断するのか。被害救済、再発防止、政界とカルト団体の癒着を断ち切るための今後の課題とは。そして山上徹也被告の公判の焦点や見通しについても語る。

〈プロフィール〉 鈴木エイト(すずき・えいと) 1968年、滋賀県生まれ。日本大学経済学部卒。学生時代はパンク系バンドでボーカルを担当。卒業後、ビル管理会社に就職。2002年、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の特集番組を見て、教団の存在を知った。アンケート名目など渋谷で偽装勧誘しているのを目撃し、阻止活動を始めた。09年にニュースサイト「やや日刊カルト新聞」に参加してジャーナリスト活動を本格化。現在、同紙主筆。地道に旧統一教会の問題を取材、監視してきた。昨年7月、教団信者の息子である山上徹也被告が選挙応援に来ていた安倍晋三元総理を銃撃、殺害する事件が発生。教団の問題がクローズアップされ、長年の取材活動に注目が集まった。著書に「自民党の統一教会汚染 追跡3000日」(小学館)、「『山上徹也』とは何者だったのか」(講談社+α新書)。2023年、報道に関する各賞を受賞。「メディア・アンビシャス賞 特別賞」、「日隅一雄・情報流通促進賞 特別賞」、「日本外国特派員協会報道の自由賞」、「調査報道大賞デジタル部門優秀賞」(報道実務家フォーラム主催)、「日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞」、「第23回石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 草の根民主主義部門大賞」。「大宅壮一ノンフィクション賞」にノミネートされた。

〈チャプター〉 
00:03:08 オープニングトーク
00:06:16 WHAT? 統一教会
00:07:48 カルト問題に関わるきっかけ
00:20:50 国政に関わる政治家の追及から現在まで
00:38:58 安倍晋三元首相銃撃事件
00:57:16 事件直前の経緯
01:00:24 メディアの役割とは?
01:09:53 質疑応答
01:27:10 おわりに
【収録時間 01:28:14】

※本講座は、2024年2月8日(木)に開催された講座です。開催当時と現在では、状況や法制度等、講師の所属等が変わっている可能性もございます。ご了承ください。

ご購入について

・東京新聞DOGAをご利用いただく場合、会員登録は必須となります。会員登録がお済みのお客様はログインをお願いします。
・東京新聞DOGAの商品は、全てご入金いただいてからご視聴が可能となります。
・当商品にはお申込手続き完了後から1ヵ月間の視聴期限がございます。

・お支払方法はクレジットカード決済・銀行振込(前払い)・郵便振替(前払い)からお選びいただけます。
※お支払い方法で「銀行振込(代金先払い)・郵便振替(代金先払い)」を選択された場合はメールに記載の振込先をご確認いただき、お手続きをお願いします。当ショップでご入金を確認しましたらメールでお知らせします。ご入金確認後、お申込手続き完了となり、動画が視聴できるようになります。
※ご選択いただいたお支払い方法によって視聴開始のタイミングが異なります。銀行振込・郵便振替をご選択いただいた場合は、ご入金から土日祝を除く2~3営業日、早くても翌営業日からご視聴可能となります。クレジットカードをご選択いただいた場合は即ご視聴が可能です。
※ご入金後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
※会員を退会された場合、ご購入履歴などがすべて削除され、お申し込みいただいた動画サービスも視聴期限に関わらず視聴不可となりますのでご注意ください。再度会員登録をしていただいても、退会前のご購入商品はご利用いただけません。改めてご購入いただく必要がございます。

ご視聴について

・本講座はオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで動画をご視聴いただけます。
・動画は、当ページでご視聴いただけます。ログインしてご覧ください。視聴方法は、ページ下部のマニュアルをご覧ください。
※当商品にはお申込手続き完了後から1ヵ月間の視聴期限がございます。視聴期限が動画の下に表示されますので、期限内にご視聴をお願いいたします。視聴前に期限を過ぎてしまった場合でも、期間の延長や返金はいたしかねますのでご注意ください。  

講座内容に関する注意事項

・受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・著作権は、中日新聞社または、中日新聞社へのコンテンツ提供者に帰属します。切り抜きも含め、講座動画の無断転載ならびに複製、転送を禁じます。第三者との講座動画の共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することも著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。上記の事項が認められた場合には、講座への出席停止、今後の講座への参加禁止をさせていただく場合がございます。その際、受講料の返金は行いません。

動画視聴に関する推奨環境

・講座の参加に必要なハードウェア、ソフトウェア、通信回線にかかる費用はお客様のご負担になります。インターネット環境がなく、タブレット、スマートフォンのみで受講する場合、受講には通信容量が多く発生しますので、通信容量に関するご自身の契約をご確認の上、ご参加ください。
・お客様のインターネット環境による切断や、映像・音声などの障害が起きた場合には、主催者は責任を負いかねます。

<インターネット環境>
有線LAN 、Wifiを使用するなど安定した通信環境をご用意ください。 講習内容が、外部に漏れることのないよう、公衆Wifiの使用はお控えください。

<パソコン>
可能な限り最新のOSのご利用を推奨いたします。

ご購入・ご視聴方法はこちらからもご確認いただけます

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年7月の定休日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
営業時間
平日10:00~17:00