MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

ニュース深掘り講座アーカイブ【永井理】「首都圏の地震防災~関東大震災100年に考える」(1,500円)
東京新聞の記者や有識者が、ニュースや専門分野を深掘りして解説するオンライン講座です。ぜひご購入いただき、動画をお楽しみください。
  • 視聴期間:ご購入から31日間

ニュース深掘り講座アーカイブ【永井理】「首都圏の地震防災~関東大震災100年に考える」(1,500円)

ニュース深掘り講座
~記者や有識者が徹底解説!過去開催講座を特別にお届けします

ニュース深掘り講座は、東京新聞の記者・論説委員や外部の有識者が、時事問題や専門分野を深掘りして解説する話題のオンライン講座です。
ニュース深掘り講座の過去の開催回から一部を、アーカイブの動画でお届けします。
ご購入いただいた動画は、1カ月間の視聴期間に、お手持ちのスマートフォンやパソコンからいつでもご視聴いただけます。専門的知見から、物事の深層に迫る分かりやすい解説をぜひお楽しみください。

プログラム・講師

「首都圏の地震防災~関東大震災100年に考える」
講師:永井理(社会部編集委員(科学))

〈内容〉 10万人を超す死者を出した関東大震災。1923(大正12)年9月1日に発生し、今年で100年。この間、政府はハード面や法整備を整え、防災態勢を改善してきた。それでも、阪神・淡路大震災や東日本大震災が起こる度に、大きな被害をもたらし、新たな課題を突き付けられてきた。首都圏の防災態勢や地震研究の現状を紹介し、問題点を検証する。
関東の地震は歴史的に繰り返し起きている。記録が残る範囲では大正の前に、元禄、永仁に大きな地震があり、間隔は210年と410年。関東地震の発生は短ければ200年程度と考えられ、今は中間点。ただ、海溝型地震で換算するとM7クラスの地震が起こるエネルギーがたまっていると推定され、家具の固定や自宅の耐震補強などの備えが必要になる。

〈プロフィール〉 永井理 ながい・ただす 京都府出身。京都大学理学部卒。1989年中日新聞社に入社。三重県伊勢支局を経て、石川県志賀通信分で原発問題を担当した後、東京本社科学部へ。原子力、宇宙開発、地震、火山災害、ノーベル賞などを取材。現在は東京本社社会部編集委員(科学)。

〈チャプター〉 
00:02:08 オープニングトーク
00:04:34 阪神大震災 地震とのかかわり
00:10:04 M7直下地震がくると
00:14:30 関東大震災
00:22:46 M7級地震の発生年・発生確率
00:34:17 都心南部のM7級直下地震
00:42:26 群集事故
00:54:50 何が起こるか想像する 心配ない状況を作っておく
01:02:21 質疑応答
01:28:23 おわりに
【収録時間 01:30:10】

※本講座は、2023年9月21日(木)に開催された講座です。開催当時と現在では、状況や法制度等、講師の所属等が変わっている可能性もございます。ご了承ください。


ご購入について

・東京新聞DOGAをご利用いただく場合、会員登録は必須となります。会員登録がお済みのお客様はログインをお願いします。
・東京新聞DOGAの商品は、全てご入金いただいてからご視聴が可能となります。
・当商品にはお申込手続き完了後から1ヵ月間の視聴期限がございます。

・お支払方法はクレジットカード決済・銀行振込(前払い)・郵便振替(前払い)からお選びいただけます。
※お支払い方法で「銀行振込(代金先払い)・郵便振替(代金先払い)」を選択された場合はメールに記載の振込先をご確認いただき、お手続きをお願いします。当ショップでご入金を確認しましたらメールでお知らせします。ご入金確認後、お申込手続き完了となり、動画が視聴できるようになります。
※ご選択いただいたお支払い方法によって視聴開始のタイミングが異なります。銀行振込・郵便振替をご選択いただいた場合は、ご入金から土日祝を除く2~3営業日、早くても翌営業日からご視聴可能となります。クレジットカードをご選択いただいた場合は即ご視聴が可能です。
※ご入金後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
※会員を退会された場合、ご購入履歴などがすべて削除され、お申し込みいただいた動画サービスも視聴期限に関わらず視聴不可となりますのでご注意ください。再度会員登録をしていただいても、退会前のご購入商品はご利用いただけません。改めてご購入いただく必要がございます。

ご視聴について

・本講座はオンライン講座です。パソコンやタブレット、スマートフォンで動画をご視聴いただけます。
・動画は、当ページでご視聴いただけます。ログインしてご覧ください。視聴方法は、ページ下部のマニュアルをご覧ください。
※当商品にはお申込手続き完了後から1ヵ月間の視聴期限がございます。視聴期限が動画の下に表示されますので、期限内にご視聴をお願いいたします。視聴前に期限を過ぎてしまった場合でも、期間の延長や返金はいたしかねますのでご注意ください。  

講座内容に関する注意事項

・受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・著作権は、中日新聞社または、中日新聞社へのコンテンツ提供者に帰属します。切り抜きも含め、講座動画の無断転載ならびに複製、転送を禁じます。第三者との講座動画の共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することも著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。上記の事項が認められた場合には、講座への出席停止、今後の講座への参加禁止をさせていただく場合がございます。その際、受講料の返金は行いません。

動画視聴に関する推奨環境

・講座の参加に必要なハードウェア、ソフトウェア、通信回線にかかる費用はお客様のご負担になります。インターネット環境がなく、タブレット、スマートフォンのみで受講する場合、受講には通信容量が多く発生しますので、通信容量に関するご自身の契約をご確認の上、ご参加ください。
・お客様のインターネット環境による切断や、映像・音声などの障害が起きた場合には、主催者は責任を負いかねます。

<インターネット環境>
有線LAN 、Wifiを使用するなど安定した通信環境をご用意ください。 講習内容が、外部に漏れることのないよう、公衆Wifiの使用はお控えください。

<パソコン>
可能な限り最新のOSのご利用を推奨いたします。

ご購入・ご視聴方法はこちらからもご確認いただけます

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2023年12月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00