MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年9月27日 <集いの杜>黄金色に輝くたわわな実り(明治神宮外苑)

フォトサービス 2022年9月27日 <集いの杜>黄金色に輝くたわわな実り(明治神宮外苑)

tokusen20220927-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ
残暑衰えぬ九月半ばの明治神宮外苑。いちょう並木はまだ青々と葉を茂らせていた。見上げると、いくつものギンナンの房が木漏れ日を浴び、光り輝いていた。あの独特な香りもほんのりと漂う。

 東京都によると、並木のイチョウ百四十六本のうち約七割を雌株が占める。雌株の前のベンチに座っていた台東区の六十代、和田玲子さんは「雌はギンナンが下に落ちているから分かります。時々、ギンナン拾いに来ている人がいますよ」と教えてくれた。

 和田さんはこの日の五日前、十八年近く一緒に過ごしたトイプードルをみとったという。半年前にも、もう一匹のトイプードルを十五歳で亡くしており、喪失感は大きい。

 いちょう並木の下で元気に遊ぶ愛犬二匹の写真をスマホで見せてくれた。「ここは思い出の場所。月に一、二回は二匹の散歩をして、カフェに行って…。楽しい時間でした」と、青い葉を見つめる。「これから葉が黄色くなり、実ったギンナンが全部落ちてくるのでしょうね」

 再開発で、いちょう並木の西側に新球場が隣接することになり、専門家からイチョウの生育阻害を懸念する声がある。帰り際、和田さんは言い残した。「この場所は変わらず残してほしい」

 空が少しずつ高くなってきた。並木が色づく秋はすぐそこだ。

文・砂本紅年/写真・内山田正夫
いちょう並木でたわわに実ったギンナン。陽光を浴び黄金色に輝く=港区で
※100年近い歴史を誇る明治神宮外苑。再開発の波にさらされる杜の今を、写真で記録します。随時掲載。

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
プリントする用紙は縦向きとなります。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年11月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
営業時間
平日10:00~17:00