MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2020年12月6日 明治神宮 未来へ続く100年の森
フォトサービス 2020年12月6日 明治神宮 未来へ続く100年の森
  • フォトサービス 2020年12月6日 明治神宮 未来へ続く100年の森
  • フォトサービス 2020年12月6日 明治神宮 未来へ続く100年の森

フォトサービス 2020年12月6日 明治神宮 未来へ続く100年の森

nozomu20201206-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 11月1日、創建から100年を迎えた明治神宮。ご祭神は明治天皇とそのお后(きさき)の昭憲皇太后。毎年、国内外から約1000万人が参拝に訪れ、広大な鎮守の森としても知られる。

 人が木を植えてつくった森で、樫(かし)、椎(しい)、楠(くす)などの常緑広葉樹がうっそうと茂る。東京ドーム15個分に相当する約70ヘクタールの敷地には、約12万本の樹木が植えられた。このうち約10万本は献木で、全国の青年たち延べ約11万人が造営工事に参加した。

 森を起点として一直線に延びるのがケヤキ並木が美しい表参道で、ちょうどその付け根付近にJR山手線原宿駅が位置する。今年3月、90年以上親しまれてきた木造駅舎から、線路をまたぐ形での2階建て新駅舎に生まれ変わった。

 同神宮国際神道文化研究所主任研究員の今泉宜子さんは「明治神宮を造営した先輩方は、100年がかりでこの広大な空間を東京に実現しました」と指摘する。今年はコロナ禍ながら、家族の健康を願う参拝者の姿も目立った。今泉さんは「未来の展望は広く大きなスケールで持ちたいものです」と話す。 (吉原康和)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年6月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
営業時間
平日10:00~17:00