MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-175 朝日を浴びて、色鮮やかな石鎚山の紅葉(愛媛県西条市)

Z-175-2L他
価格:1,420円~16,300
プリントサイズ

商品概要

朝日を浴びて、色鮮やかな石鎚山の紅葉=愛媛県西条市で

 西日本最高峰の石鎚山(愛媛県西条市)で7日、朝日に照らされる見事な紅葉を撮影した。色づいたナナカマドやベニドウダン、コメツツジなどが、一段と鮮やかに。その時、流れる雲が天狗岳をベールのように包み込んだ。雲も朝日に赤く染まり幻想的な光景に。千載一遇の瞬間だった。十数秒後には雲が消えて、穏やかな山肌に。紅葉が見ごろのピークを迎え、深まる秋の自然のドラマに胸が高鳴った。

 石鎚山は、最も標高の高い天狗岳(1982メートル)と石鎚神社山頂社の立つ弥山(みせん)、南尖峰の3つのピークなどを総称する。細長い岩稜の山だ。富士山や立山など日本七霊山の一座であり、昔から山岳信仰の山として親しまれてきた。

 一般的な登山コースは、車での登山に便利な土小屋コースとロープウェイを利用する表参道の成就社コースの二つが知られる。今回はご来光を見るために、ナイトハイクできる土小屋コースに。高知県のUFOライン経由で午前1時すぎ、土小屋の駐車場に到着。松山市から約3時間。人気の紅葉時期のため、すでに約30台を超える車が駐車していた。山頂までは全長4.6キロ。比較的緩やかな道で歩きやすい。二の鎖の手前で表参道と合流して急な道になるが、約2時間半の標準タイムで山頂に着いた。

 瀬戸内海と太平洋が同時に望める山頂からの展望は絶景だった。鋭い岩峰の天狗岳が、天を突きさすような光景も素晴らしい。紅葉で彩られた山頂下を、南へ渡るヒヨドリの群れが数組通過した。絶景と探鳥を同時に楽しめたことで、登山の疲れも吹き飛んだ。また登りたいと思った。(堀内洋助)

【撮影データ】 ニコンD850 AF-Sニッコール24〜70ミリf2.8 125分の1秒 絞りF5.6 ISO400

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年4月の定休日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
営業時間
平日10:00~17:00