MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2023年2月5日 瑞江 未来へ架かる橋

フォトサービス 2023年2月5日 瑞江 未来へ架かる橋

nozom20230205-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

江戸川区瑞江は、かつては水田が広がるのどかな地域で瑞穂村と呼ばれた。大正期に瑞穂、一之江の両村が合併し、一文字ずつをとって瑞江村に。関東大震災を機に移ってきた大雲寺には歌舞伎役者の墓も多く「役者寺」の名で親しまれる。

1986年9月、都営新宿線の船堀駅以東の4.9キロが開業し、一之江、瑞江、篠崎の3駅が誕生。地域の発展を後押しし、当時、約52万人だった区の人口は約69万人に増えた。

葛飾区金町から旧江戸川の手前に至る約10キロの柴又街道に橋を架け、千葉県市川市とつなぐ計画があり、2031年度までの完成を目指している。江戸川区、市川市の住民にとって対岸の東京メトロ行徳駅、瑞江駅へのアクセスが向上し、救急搬送の時間短縮や災害時の避難経路としても期待される。

江戸川と荒川に挟まれた江戸川区では行き来や輸送の面で、昔から他の地域以上に橋の持つ意味が大きかった。区郷土資料室の森屋雅幸学芸員(39)は「新たにできる橋の付近だけでなく、柴又街道の利便性が上がり、沿道全体の経済や発展に寄与するのでは」と将来を見通す。(松尾博史)

紙面より一部抜粋(2023年2月5日発行 東京新聞朝刊)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年2月の定休日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
営業時間
平日10:00~17:00