MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年12月4日 多摩湖 「トトロの森」残したい

フォトサービス 2022年12月4日 多摩湖 「トトロの森」残したい

nozom20221204-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 赤や黄に色づく森に抱かれ、2つの大きな湖が広がる。多摩湖と、その隣の狭山湖。都民の生活を支える貴重な「水がめ」だ。

 正式名称は村山貯水池(多摩湖)と山口貯水池(狭山湖)。大正~昭和初期、当時の東京の人口増に伴う水不足解消を目的に造られた。着工から完成までに要した歳月は多摩湖が10年、狭山湖が7年。建設に伴い、いくつもの集落が水没し、合わせて400戸以上の家が移転を余儀なくされた。

 多摩湖の堤防に上がると、取水塔が見えた。手前の第1取水塔は1925(大正14)年建設。ネオルネサンス様式のレンガ造りの円筒と、丸いドーム形の屋根が特徴的で「日本で一番美しい取水塔」とも評される。

 周辺に広がる狭山丘陵の森は、映画「となりのトトロ」のモデルの一つとされる。公益財団法人「トトロのふるさと基金」が寄付金で一部を買い取り「トトロの森」として保全する。理事の荻野豊さんは「都心に近く、これだけまとまった自然はほかにない。動植物と人の共生の場として大切に守り、未来に残していかないと」と話す。(岡本太)

紙面より一部抜粋(2022年12月4日発行 東京新聞朝刊)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2023年1月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
営業時間
平日10:00~17:00