MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年10月2日 新橋 鉄道150年 希望が交差

フォトサービス 2022年10月2日 新橋 鉄道150年 希望が交差

nozom20221002-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 「見ると幸せになれる」といわれる、東海道新幹線の検測車両「ドクターイエロー」が駅を横切った。14日に鉄道開業150年を迎える新橋はいつも人々の希望を映し出してきた。

 汐留のビル群のすき間にひっそり立つのは復元された「旧新橋停車場」。石張り2階建ての西洋風駅舎は開業時、横浜間を行き来する蒸気機関車(SL)とともに文明開化の象徴だった。新橋停車場は1914年、「東京駅」への旅客ターミナル移行に伴い、貨物専用の「汐留駅」に名を変え、200メートル西の「烏森駅」が今に続く「新橋駅」となった。鉄道網は全国に整備され、人の動きは横へ横へと広がった。

 希望はやがて空に伸びる。86年に貨物の汐留駅が廃止されると、線路部分には再開発で200メートル級の商業ビルが建った。一方、線路を越えた西側には今も昭和風情の残る飲食店が並ぶ。

 街の終点はどこなのか。新橋で110年続く菓子店「新正堂」の3代目、渡辺仁久(よしひさ)さん(70)は「最新のビルで働くサラリーマンが隠れ家のような小さな店で飲み、癒されるのが新橋。新しさと懐かしさがいつも同居していてほしいね」と願う。 (原田遼)


紙面より一部抜粋(2022年10月2日発行 東京新聞朝刊)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年11月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
営業時間
平日10:00~17:00