MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年1月9日 箱根 湧き上がる大地の力
フォトサービス 2022年1月9日 箱根 湧き上がる大地の力
  • フォトサービス 2022年1月9日 箱根 湧き上がる大地の力
  • フォトサービス 2022年1月9日 箱根 湧き上がる大地の力

フォトサービス 2022年1月9日 箱根 湧き上がる大地の力

nozom20220109-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 富士を背に箱根火山が峰を連ねる神奈川県箱根町。外輪山に囲まれた直径8〜11キロのカルデラ内に、駒ケ岳などの中央火口丘や芦ノ湖を抱く。

 大地から湧き上がる熱と力は多様な景観を生み、人々に情熱も吹き込む。明治時代、住民が開削した車道は古くからの「箱根七湯」を結ぶ国道1号となり、天下の険に箱根登山鉄道を敷く壮大な夢も大正時代に実現、富裕層の観光地を庶民に開く。小涌谷や大平台なども温泉掘削や造成に成功した。

 カルデラ北西部の仙石原の大半はかつて原野だった。財界の重鎮、渋沢栄一や旧三井物産創業者の益田孝らは昭和初期「箱根温泉供給」を設立。同社は火口域の大涌谷から出る有毒な噴気を水に混ぜて温泉に変え、仙石原と強羅に送湯網を巡らす。明治まで「大地獄」と呼ばれた大涌谷は、湧泉の乏しい地域を潤す希望の源泉となった。

 源頼朝が「開墾すれば千石の米がとれる」と言った伝承が仙石原の由来という。町立郷土資料館の鈴木康弘館長(62)は「真偽はおいて、伝承は地元民の真情を伝える」と話す。逆境を理想郷に変える熱情は、箱根に不屈の歴史をつづり続けていく。 (西岡聖雄)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年11月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
営業時間
平日10:00~17:00