東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

Z-123  2019年1月29日 冬(上)狭山湖と夕富士(埼玉県所沢市)

Z-123 2019年1月29日 冬(上)狭山湖と夕富士(埼玉県所沢市)

Z-123-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

水がめ 至福に満ち

 埼玉県所沢市の狭山湖で十九日、夕焼け空に浮かぶ秀麗な富士山を撮影した。朱と黄色に染まった湖面には逆さ富士が美しい。夕日が地平線に沈むころで、富士の雪山がほんのりと赤みを帯びた。移りゆく冬の雲も印象的だ。日没後も空の色は刻々と変幻した。水面に浮かぶのは、冬の渡り鳥カンムリカイツブリとマガモなどの大きな群れ。冬の夕富士が描く至福の時間を満喫した。

 狭山湖は狭山丘陵の深い谷間に一九三四(昭和九)年、東京都民の水がめとして完成した。多摩川に設置された取水ぜきからの導水が主な水源だ。ためられた水は浄水場へ送られ、飲み水に使われる。正式名称は山口貯水池。狭山湖は通称だ。南側には同様に、通称「多摩湖」の村山貯水池がある。狭山湖周辺の山林はアニメ映画「となりのトトロ」の舞台のモデルになったとされる。

 撮影ポイントは堰堤(えんてい)の北側にある左岸四阿(さがんあずまや)付近。ここは富士山が見られる日に写真愛好家が集う。特に空気が澄んで夕日が富士山に近づく冬は大人気だ。二日間通ったが、両日とも二十人ほどがカメラを構えていた。道行く人も足を止めて、美しい景色を楽しんだ。反対方向には東京スカイツリーが望める。

 富士山と湖の景観は富士五湖(山梨県)や田貫湖(静岡県)、芦ノ湖(神奈川県)などが知られる。富士山周辺以外では狭山湖が有名な撮影地だろう。都心の池袋から電車と徒歩で約一時間。再び訪れてみたい。 (堀内洋助)

紙面より一部抜粋(2019年1月29日発行 東京新聞)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年7月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00