MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-144  2019年8月8日 夜を彩る夏富士(山梨県山中湖)

フォトサービス Z-144 2019年8月8日 夜を彩る夏富士(山梨県山中湖)

Z-144-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

星降る富士に「人文字」輝く

 山梨県山中湖村の山中湖パノラマ台で4日未明、夜を彩る夏富士を撮影した。登山者のライトの灯りと満天の星が鮮やかな光跡を描いてくれた。斜面の山小屋と霧に覆われた山麓の色づく街灯りも印象的だ。「ゴロスケ ホッホー」とフクロウの声が響いて心地いい。眼下の山中湖は深い闇に覆われ、真上の天の川が富士山に伸びていた。夏の夜の神々しい光景に至福の時間を感じた。
 山中湖パノラマ台は富士山と山中湖を見渡すビュースポットとして知られる展望台だ。標高は1090メートル。山中湖から三国峠に至る県道の途中にあり、天気が良いと、南アルプスまで見られる。天体観測スポットでも有名で、前夜に数組の家族連れが天体望遠鏡を囲み星空を楽しんでいた。子どもらの歓声が嬉しかった。三日月も良かった。
 夏の夜の富士山は登山者のライトの光跡が印象的だ。山頂で御来光を拝むために、夜に登山する。山中湖パノラマ台から3つのルートが見られる。写真の右側は吉田、中央は須走、左端は御殿場の各ルートだ。
 特に八合目で合流する吉田と須走ルートは光跡が「人」の字のように見えるため、この光景を「人文字」と呼んでいる。週末の登山客数は約6千人前後という。平成29年の環境省のデータによると、最大が8月13日(日)の8201人だった。
 一夜明けて、山中湖は雲海が一面に広がった。富士山は朝の光を浴びて少し赤富士に。八合目付近にはカルガモのような形をした残雪が望めた。夏富士からの思いがけないプレゼントに心から魅了された。 (堀内洋助)

紙面より一部抜粋(2019年8月8日発行 東京中日スポーツ)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年10月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
営業時間
平日10:00~17:00