MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-156  2019年12月26日 精進湖の逆さ富士(山梨県富士河口湖町)

フォトサービス Z-156 2019年12月26日 精進湖の逆さ富士(山梨県富士河口湖町)

Z-156-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

星降る富士の嶺 横切る光跡

 山梨県富士河口湖町の精進湖で5日未明、静かな湖面に映る逆さ富士。満天の星と秀麗な稜線が印象的だ。湖面の奥に青木ケ原樹海の深い闇が広がる。カメラと三脚をセットして、静かにシャッターを押した。その時、山頂上空を航空機が通過。星と旅客機が冬の夜空に描いた光跡に胸が高鳴った。
 精進湖は富士五湖で最も小さい湖で知られる。標高は900メートル。ここから見る富士山は大室山(標高1468メートル)を抱きかかえているように見えるため「子抱き富士」と呼ばれて人気が高い。湖の名はかつて、富士山に登る信者らが、ここで沐浴して精進潔斎したことに由来するという。その名残の精進湖口登山道は湖に隣接する赤池付近から始まる。神々しい青木ケ原樹海を歩き、大室山の裾野を経て、富士スバルライン五合目に至る。距離は約18キロだ。

 40数年前、中央大学秘境研究会の一員として、青木ケ原樹海で溶岩洞窟の探検と調査に励んだ。何度も何度も訪れ、まさに樹海の洞窟探検が「青春」だった。
 その後、中日新聞社に入社。25年前、東京新聞の写真企画「富士異彩」取材班として富士山を撮影した。幸いにも新聞協会賞を頂き、その後もますます富士山に没頭した。長年、精進湖からの富士は私の大好きな場所で数多く撮影する。
 「絶景を行く」の連載は2015年5月にスタート。今回で112回目に。そのうち、富士山は21回を数えた。神々しい一瞬を求めて富士山と対峙することは至福だった。
 今回で連載は終了します。4年8カ月、写真の購入や手紙などで励まされながらの日々でした。読者の皆さまに心から感謝申し上げます。 (堀内洋助)

紙面より一部抜粋(2019年12月26日発行 東京中日スポーツ)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年1月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
営業時間
平日10:00~17:00