MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2023年11月5日 病院街 雑木林に彩られ(清瀬)

フォトサービス 2023年11月5日 病院街 雑木林に彩られ(清瀬)

nozom20231105-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 西武池袋線清瀬駅(清瀬市)の南口から商店街を抜けると、病院が林立する地域にたどり着く。人呼んで「病院街」。ぐるりと囲むように雑木林が広がり、アカマツやコナラ、イチョウなどの大木がそびえ立つ。
 
 「昔はね、結核の療養所がたくさんあって、東洋一のサナトリウムとも呼ばれる『清瀬結核村』だったんだ」。そう教えてくれたのは、地元の吉岡袈裟喜(けさよし)さん(78)だ。

 1931(昭和6)年に東京府立清瀬病院(現在の国立病院機構東京病院)ができて以来、周辺に次々と療養所や病院が建てられた。治療薬がなく、結核が「不治の病」と言われた時代。患者はきれいな空気の中で静養し、栄養を取って体力の回復に努めた。最も多い時期には15の療養所に5000人が入所していた。闘病生活を基にした俳人石田波郷(1913~69年)の句集「借命(しゃくみょう)」など、ここで生まれた文学作品もある。

 化学療法の進歩で患者が減少した後、療養所は一般の病院や結核研究所、介護施設などに姿を変えた。ただ、雑木林の多くはそのまま残され、今年もまた、晩秋の色を帯び始めた。(昆野夏子)

紙面より一部抜粋(2023年11月5日発行 東京新聞朝刊)
ほんのりと色づく雑木林に囲まれた清瀬市の「病院街」。都市に浮かぶ島のようだ=本社ヘリ「おおづる」から(由木直子撮影)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年5月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00