MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年5月1日 東京スカイツリー この眺め 10年

フォトサービス 2022年5月1日 東京スカイツリー この眺め 10年

nozom20220501-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 今月22日、開業10周年を迎える東京スカイツリー。関東一円が望める展望台の足元には300以上の店舗が並ぶ商業施設、水族館、プラネタリウムなどが集い、東京を代表する観光地の一つになった。

 この10年、展望台を訪れる客の笑顔や驚きを間近で見てきた公式ショップのスタッフ、久保田礼美(あやみ)さん(45)は「開業すぐは土産物を並べる間もなく売れてしまうほど忙しかった」と振り返る。

 地デジ化を機に、東京タワーに代わる新タワーが求められ、候補地として各地が名乗りを上げるなか、2006年、墨田区の東武鉄道貨物ヤード跡地にスカイツリーの建設が決定した。

 当初は高さ610メートルの予定が、世界一にこだわり、旧国名「むさし=634」にちなんで変更。「世界一高いタワー」としてギネス世界記録に認定され、今も記録は続いている。

 開業ブーム、訪日外国人観光客の増加、そしてコロナ禍-。展望台からの景色は、10年間変わらず四季折々の表情を見せる。

 久保田さんは、来場客からスカイツリーへの思いやエピソードを聞くことも。「一人一人の思い出が詰まった場所。大切に守っていきたい」 (長竹祐子)


展望台からの眺望 
左上 西・夕刻の新宿方面を望む
右上 東・荒川と千葉方面
左下 北・X形の桜橋がかかる隅田川
右下 南・夜の東京湾方面を望む
円内は真上から見たスカイツリー(本社ヘリ「おおづる」から)=墨田区で、中西祥子・内山田正夫撮影

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年10月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
営業時間
平日10:00~17:00