MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2024年5月7日 茶畑を育む富士山の灰土(神奈川県秦野市)

フォトサービス 2024年5月7日 茶畑を育む富士山の灰土(神奈川県秦野市)

nozom20240507-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 丹沢山地の新茶の収穫は5月初旬、最盛期を迎える。南麓にあり、神奈川県で唯一の盆地に位置する秦野市の茶畑の大半は、かつてタバコ畑だった。

 江戸時代の富士山噴火の降灰で田畑が壊滅。火山灰土でも育つ秦野の葉タバコは三大銘葉となり、収益は明治初期、コレラを防ぐ近代水道敷設を支えた。給水は国内最古の横浜市などとほぼ同時期だが、国策や行政主導の他市とは異なり、計画、施工、資金調達も住民が担う自営・陶管水道だった。40年前に終了したタバコ耕作への感謝は、秦野たばこ祭として今も続く。

 足柄茶と総称される茶栽培は、関東大震災で荒廃した丹沢南西部の清水村(現山北町)の村長が自費で調達した苗を農家に配ったのが始まり。戦後の復興策で丹沢・箱根山麓一帯へ広まり、来年で栽培100周年となる。

 水はけのよい火山灰土、山特有の局地的な私雨(わたくしあめ)や朝霧、短い日照時間が苦味を抑え、うま味を増す。販売は県内中心だが、JAはだの茶業部の山口勇部長(66)は「2027年度の新東名高速全線開通で、県外客にも身近になれば」と願う。匂い立つ足柄茶に歴史も思いも熱く溶け込む。(西岡聖雄)

紙面より一部抜粋(2024年5月7日発行 東京新聞朝刊)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年5月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00