MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2023年7月23日 サンコウチョウ(神奈川県)

フォトサービス 2023年7月23日 サンコウチョウ(神奈川県)

irodori20230723-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

愛情たっぷり サンコウチョウの子育て

 おなかを空(す)かせたヒナたちが大きく口を開けエサを求める。親鳥は入れ代わり立ち代わり、虫を捕まえてはせっせと運ぶ。神奈川県内の森で、サンコウチョウが子育てにいそしんでいた。

 目の周りとくちばしは、鮮やかなコバルトブルー。雄は、体の三倍ほどある長い尾も特徴。空中で昆虫を捕らえ、ヒラリと舞う姿は実に美しい。鳴き声が「ツキ(月)、ヒ(日)、ホシ(星)、ホイホイホイ」と聞こえることから、三つの光「三光鳥」の名が付いた。五月ごろに東南アジアから飛来し、子育てをして秋に南方へ帰るという。

 七月上旬、四羽のヒナが巣を出た。まだエサを捕れないため、枝を移動しながらしばらくは親子で過ごす。写真は、最後の一羽が巣を出た翌日に撮影した。

 外敵からヒナを守るのも親鳥の役目だ。近くの木の幹にリスを見つけると「ギッ、ギッ」と濁った声を出し追い払った。

 「今日も四羽いるね」。四十年通う七十代の女性は、小さな姿を見つけると安堵(あんど)した。たっぷりと愛情を受け、無事に育ってほしい。レンズ越しにヒナの無事を願った。(写真と文・布藤哲也 紙面構成・宮本直子)

紙面より一部抜粋(2023年7月23日発行 東京新聞朝刊)
ヒナに給餌する雄のサンコウチョウ(左)=神奈川県内で

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年7月の定休日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
営業時間
平日10:00~17:00