MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

2022.06.01

東京新聞ちぎり絵 みんなの作品 紹介します!(あじさい編)

東京新聞ちぎり絵 みんなの作品 紹介します!(あじさい編)
新しい趣味や手先の運動として注目されている「新聞ちぎり絵」。
新聞紙特有の色彩や手でちぎることにより生まれる風合いから、独特な味のある世界に一つの作品を作ることができます。
先月から販売を開始した「東京新聞 新聞ちぎり絵下絵ポストカードブック 」は、すぐにちぎり絵の制作を楽しめるとご好評いただいております。

早速スタッフ間でも作ってみたところ、それぞれが思い思いに試行錯誤を重ねることで個性あふれる作品が出来上がりました!
本記事では、【ひまわり、あじさい、ききょう、かぼちゃ、ぶどう、いちご、風鈴、キリン、ゾウ、ウシ】と10種類ある下絵ポストカードの中から、6月ということでこれから見頃を迎える「あじさい」の作品例を集めてみました。制作者の感想とともにご紹介いたします。
同じ下絵でも、ちぎり方ひとつでこんなにも大きな違いが生まれます!皆様もぜひ素敵な作品を完成させてくださいね。

もとの下絵はこのようなイラストです。

新聞広告などにも使用された作品です。

「カタツムリのツヤ感を出すのに苦労しました。」

「新聞をちぎるのが楽しかった。」(小学6年生)

「黄色だけでなくオレンジなど他の色を入れたことで、全体的にしまりが良くなりました!」

「好きな色を重ねて自分だけの色合いをつくるのが楽しかったです。思っていたより簡単にできました!」

いろいろな”青”を使っていて、味わい深い作品に仕上がりましたね。

「もっとグラデーションをつけたかったです。」

お花の妖精がひょっこり顔をのぞかせているみたいですね。


完成したちぎり絵作品は、メッセージを添えて大切な方へ送ることができます。
季節のお便りとしてこんなポストカードが届いたら素敵ですよね。

またフレームに入れて飾るのも素敵です。
お家にある段ボールやお菓子の化粧箱などの廃材を使って作ったフレームです。

段ボールやお菓子の化粧箱などの廃材を使って作ったフレームは
新聞ちぎり絵の味わいとぴったりでおすすめですよ。


東京新聞ちぎり絵下絵ポストカードブックを使った作品は、今後も色々な場面でご紹介していきます。
 


東京新聞の社屋でも展示しています。お近くにお越しの際はぜひ、お立ち寄りくださいませ。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

◆東京新聞オフィシャルショップ 店舗情報◆
東京都千代田区内幸町2-4-1
日比谷中日ビル3F(東京中日企業事務所内)
東京メトロ「霞ヶ関」駅 C4出口すぐ
営業時間:平日10~17時

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年7月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00