MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2024年5月26日 新緑に紅差すノムラモミジ(薬師池公園/町田市)

フォトサービス 2024年5月26日 新緑に紅差すノムラモミジ(薬師池公園/町田市)

irodori20240526-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 モミジのトンネルに入って頭上に青空を探すと、木漏れ日が差し、万華鏡のような景色が広がった。

 緑色の若葉がきらめく中、ひときわ目を引く赤い葉たち。手のひらのような形をして、サワサワと音を立てている。「ノムラモミジ(濃紫紅葉)といって春でも赤いモミジだよ」。そばにいた人が教えてくれた。

 5、6月の花ショウブ、7、8月の大賀(おおが)ハスなど、四季折々の花が池を彩る町田市の薬師池公園。毎年11月に「紅葉まつり」が開催され、モミジの名所としても知られているが、春から初夏には、新緑とノムラモミジの競演を楽しむことができる。

 犬の散歩に訪れていた市内の佐藤欣亜(よしつぐ)さん(57)は「桜のピンクと葉の緑のように、モミジの赤と緑のコントラストも美しいですね」と、しきりにカメラを向けていた。

 公園内の西側にある福王寺薬師堂(通称・野津田薬師)に向かうことにした。池の紺碧(こんぺき)の水面に新緑が映え、ツツジやフジが咲き誇る。初夏を迎える空気を吸い込みながら、公園の丘陵を何周でも歩きたくなった。

紙面より一部抜粋(2024年5月26日発行 東京新聞朝刊)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年6月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
営業時間
平日10:00~17:00