MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年6月5日 多摩動物公園 「野生」守り続ける丘
フォトサービス 2022年6月5日 多摩動物公園 「野生」守り続ける丘
  • フォトサービス 2022年6月5日 多摩動物公園 「野生」守り続ける丘
  • フォトサービス 2022年6月5日 多摩動物公園 「野生」守り続ける丘

フォトサービス 2022年6月5日 多摩動物公園 「野生」守り続ける丘

nozom20220605-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 多摩丘陵の地形を生かし、緑あふれる日野市の多摩動物公園。52.3ヘクタールの広大な敷地は東京ドーム約11個分に相当する。昆虫を含めると4月末現在で284種、約1万7000点が飼育されている。

 開園は1958年。終戦からの復興が進み、上野動物園の来園者が増えたため、都が「第二の上野動物園」として計画した。野生に近い形で動物を見てもらおうと、柵をできるだけ無くし、代わりに堀を設けた。当時では画期的な方式で「放し飼いの動物園」と話題を呼んだ。

 64年には、バスの中からライオンを間近に観察できる「ライオンバス」もスタート。バスで群れの中に入っていく「サファリ式」を世界で初めて取り入れた。迫力満点で50年以上も人気を誇る名物になっている。

 2006年には、絶滅が危惧される動物の保全をする「野生生物保全センター」を創設した。広報担当者は「従来の繁殖のほか、バイオテクノロジーの先端技術を取り入れ、実験室でDNA解析やホルモン測定、精子保存などもしています」と話している。(宮本隆康)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年11月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
営業時間
平日10:00~17:00