MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年4月3日 さいたま新都心 若い街 ハレの日も 日常も
フォトサービス 2022年4月3日 さいたま新都心 若い街 ハレの日も 日常も
  • フォトサービス 2022年4月3日 さいたま新都心 若い街 ハレの日も 日常も
  • フォトサービス 2022年4月3日 さいたま新都心 若い街 ハレの日も 日常も

フォトサービス 2022年4月3日 さいたま新都心 若い街 ハレの日も 日常も

nozom20220403-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 旧国鉄操車場の跡地を核に、国の機関の移転で2000年に街開きしたさいたま市の「さいたま新都心」。JRの駅を中心に同市中央、大宮、浦和の3区にまたがり、バスターミナル一帯は市役所移転候補地として議論が進んでいる。

 当初、土日は閑散とする官庁街に彩りを与えたのが、最大収容人数3万7000人の「さいたまスーパーアリーナ」。コンサート会場として、格闘技やフィギュアスケートの聖地として、展示会やショー会場として、平仮名「さいたま市」の浸透に一役買ってきた。

 災害時の避難・備蓄拠点でもあるアリーナは、華やかさだけでない時の流れも見つめてきた。東日本大震災では帰宅困難者を受け入れ、原発事故で避難した福島県双葉町の町民・役場の移転先ともなった。現在は市の新型コロナワクチン接種会場にもなっている。

 大型商業施設コクーンシティや総合病院もある街は機能的ながら、一体感や回遊性が課題。街づくりにも携わるアリーナの林直樹社長(60)は「全国、世界から人が来る。ハレの日も日常も楽しめる街づくりに、われわれの備蓄したスキルを生かせれば」と語る。(前田朋子)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年7月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00