MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年3月6日 本所深川 「不戦」誓う密集地帯 
フォトサービス 2022年3月6日 本所深川 「不戦」誓う密集地帯 
  • フォトサービス 2022年3月6日 本所深川 「不戦」誓う密集地帯 
  • フォトサービス 2022年3月6日 本所深川 「不戦」誓う密集地帯 

フォトサービス 2022年3月6日 本所深川 「不戦」誓う密集地帯 

nozom20220306-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 隅田川東岸の本所深川。空から見ると下町らしくびっしりと建物がひしめいている。一目で分かるのは緑色の屋根の両国国技館と、隣接する江戸東京博物館くらいだ。JR両国駅を降りれば、相撲甚句の音色を響かせる店もあり、粋な雰囲気が周辺に漂う。

 風情を感じながら散歩していると、はっとさせられる場所に出くわす。国技館にほど近い都立横綱町公園内にある東京都慰霊堂。関東大震災と東京大空襲の犠牲者の遺骨を納めている。

 1945年3月10日未明、一帯は下町の大部分を焼き尽くした激しい空襲に見舞われた。当時から木造住宅や町工場などが密集し、被害は大きくなった。

 小名木川の南、現在の清澄白河駅近くに店を構える「あづま屋文具店」の分部(わけべ)登志弘さん(83)は空襲の際、家族5人とともに近くにあった鉄筋の旧深川区庁舎に逃げ込んだ。中に入れなかった人もいて、「外に出てみると、多くの人が手を上げるような格好で焼け死んでいた」と振り返る。

 ロシアによるウクライナ侵攻で不穏な時代の再来に懸念が広がる。「もう二度と」。地域では誓いの行事が10日までに相次ぎ開かれる。(井上靖史)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年7月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00