MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2022年2月6日 板橋 加賀百万石の名残 今に
フォトサービス 2022年2月6日 板橋 加賀百万石の名残 今に
  • フォトサービス 2022年2月6日 板橋 加賀百万石の名残 今に
  • フォトサービス 2022年2月6日 板橋 加賀百万石の名残 今に

フォトサービス 2022年2月6日 板橋 加賀百万石の名残 今に

nozom20220206-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 板橋区の住宅地を縫うように流れる石神井川。春には川面一面がピンク色に染まる桜の名所で、住民の散歩コースとしても親しまれている。

 江戸の玄関口、中山道板橋宿があったエリア。加賀藩前田家がこの地に構えた下屋敷の広さは約21万8千坪を誇り、江戸最大の大名屋敷だった。金沢城(金沢市)に隣接する日本三名園の兼六園同様、池泉回遊式の大名庭園として整備された。

 その名残は、「板橋区加賀一、二丁目」「金沢小学校」といった地名や施設名に見ることができる。石神井川沿いの遊歩道には、兼六園の名物「徽軫(ことじ)灯籠」そっくりのオブジェもあり、つながりを肌で感じられる。

 観光ボランティアで加賀在住の銀林純子さんがオススメするのは、屋敷内庭園にあった築山跡の加賀公園。「築山からは、スカイツリーなど現在の東京の街並みが見えるだけでなく、かつての風景も想像できます」とほほ笑む。

 近くでは最近、板橋こども動物園や植村冒険館などの施設がリニューアルオープン。子どもから大人まで、誰もが楽しめる地域として発展を続けている。 (中村真暁)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年11月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
営業時間
平日10:00~17:00