MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2021年12月5日 川崎臨海部 「工場夜景」の先駆け
フォトサービス 2021年12月5日 川崎臨海部 「工場夜景」の先駆け
  • フォトサービス 2021年12月5日 川崎臨海部 「工場夜景」の先駆け
  • フォトサービス 2021年12月5日 川崎臨海部 「工場夜景」の先駆け

フォトサービス 2021年12月5日 川崎臨海部 「工場夜景」の先駆け

nozom20211205-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 川崎市の臨海部は、夜になるとさまざまなプラントにともる照明や余剰なガスを無害化するために燃やす「フレアスタック」の明かりが、工場地帯を照らす。京浜工業地帯の中核として日本の産業を支えてきた工場群は、「工場夜景」の名所としても人気だ。

 ノリ養殖や製塩が主産業だった川崎臨海部は、明治末期の埋め立てや工場の誘致活動によって徐々に工業地帯へと姿を変えた。

 工場夜景は今世紀に入ると認知されるようになり、2010年には屋形船やバスツアーの定期運行が始まった。翌年、川崎市が室蘭市、四日市市、北九州市に呼び掛け「第1回全国工場夜景サミット」を開催。市によると、現在12都市まで広がっている。市の担当者は「工場夜景は、川崎市が一番初めに観光振興を進めた」と胸を張る。

 年間3000人ほどが訪れていた屋形船やバスツアーだったが、コロナ禍で中止となり20年には200人に激減した。屋形船は今年10月に再開、バスツアーも12月に再開される。また観光者が増え始め、市の担当者は「みなさん再開を待っていてくれたのかなと思う」と話した。 (竹谷直子)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年7月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00