MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2021年11月7日 千葉ニュータウン 「陸の孤島」に新たな役割
フォトサービス 2021年11月7日 千葉ニュータウン 「陸の孤島」に新たな役割
  • フォトサービス 2021年11月7日 千葉ニュータウン 「陸の孤島」に新たな役割
  • フォトサービス 2021年11月7日 千葉ニュータウン 「陸の孤島」に新たな役割

フォトサービス 2021年11月7日 千葉ニュータウン 「陸の孤島」に新たな役割

nozom20211107-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 千葉県の印西、白井、船橋市にまたがる新興住宅都市・千葉ニュータウン(NT)。国道464号と北総線を挟んで、南北2〜3キロ、東西約18キロにわたって広がり、総面積は約1900ヘクタールに及ぶ。高度経済成長に伴う人口急増に対応しようと、同県が計画し、1970年に造成が始まってから51年がたった。

 開発は当初の思惑通りに進まなかった。土地買収が難航、鉄道や道路の整備が滞り「陸の孤島」とやゆされた。79年に開通の北総線が東京都心に直結したのは91年。バブル崩壊など経済情勢の変化もあって、住宅需要が伸びず、構想時の計画人口や開発面積は見直され、大幅に縮小された。88年から印西市に住み、昨年末までNT内で地域紙を発行していた武藤弘さん(77)は「現在の姿からは想像できないが、引っ越してきた当時は駅前でも空き地だらけだった」と振り返る。

 転機は2000年代に入って訪れた。元々、住宅向けだった造成地へ商業施設誘致を図ったことが奏功、国道沿いに大規模店が続々オープンした。地盤の固さなどが評価され、物流倉庫やIT企業のデータセンター進出も相次いでいる。 (堀場達)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年12月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00