MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2021年10月3日 妙見島 姿を変えた「流れる島」
フォトサービス 2021年10月3日 妙見島 姿を変えた「流れる島」
  • フォトサービス 2021年10月3日 妙見島 姿を変えた「流れる島」
  • フォトサービス 2021年10月3日 妙見島 姿を変えた「流れる島」

フォトサービス 2021年10月3日 妙見島 姿を変えた「流れる島」

nozom20211003-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 東京都江戸川区と千葉県浦安市の境を流れる旧江戸川に、細長く浮かぶ妙見島。コンクリートで囲まれ工場が立ち並ぶ約8ヘクタールの小島は軍艦のようだが、かつては形を変えながら下流へ移動する「流れる島」として知られた。

 現在は同区東葛西3の一部だが、明治初期の地図上では約80メートル上流にある。川の流れで北端が削られ、南端に土砂が堆積するうちに位置が移ったという。1940年に浦安橋ができるまで、交通手段は渡し舟のみ。79年に護岸工事が完了し、移動は止まった。

 江戸時代の景観図では島に松林が確認でき、昭和の中ごろにかけて周辺は漁業も盛んだった。同区側の対岸で育った地元町会副会長の西野哲造さん(71)は「子ども時代は島内に海苔(のり)の製造場や貝の加工工場があったが、60年代には都市化による水質汚染で漁はできなくなった」と話す。徐々に事業者が進出し、現在は産業廃棄物業者の工場やマリーナなどが十数軒。住民は社員寮などで暮らす数十人という。

 西野さんは、時折浦安橋から島を眺める。「歴史があり、都内23区唯一の自然島。いつかは緑の島に戻せたらいいんだけど」(太田理英子)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年10月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00