MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2021年8月15日 熊谷 最後の空襲 戦禍の記録
フォトサービス 2021年8月15日 熊谷 最後の空襲 戦禍の記録
  • フォトサービス 2021年8月15日 熊谷 最後の空襲 戦禍の記録
  • フォトサービス 2021年8月15日 熊谷 最後の空襲 戦禍の記録

フォトサービス 2021年8月15日 熊谷 最後の空襲 戦禍の記録

nozom20210815-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 荒川と利根川に挟まれた広大な平野が広がる埼玉県熊谷市。2007年8月に当時の国内最高気温40.9度を記録し、18年7月には41.1度に更新。「日本一厚い街」として知られる。今夏も老舗百貨店・八木橋前の手動の大温度計看板に、報道陣や市民がカメラを向けた。

 残暑が厳しい8月15日は終戦の日であると同時に、熊谷市民には最後の空襲があった人して記憶される。1945年8月14日深夜から15日未明にかけて米軍機が襲来し、市街地の3分の2が消失。266人が犠牲になった。

 空襲に遭った星川通りには長崎平和公園の平和記念像で有名な彫刻家・北村西望(せいぼう)作の「戦災者慰霊之女神」が立つ。熊谷駅前にある源平合戦の武将・熊谷(くまがい)次郎直実像も西望作。直実ゆかりの熊谷寺(ゆうこくじ)は空襲による消失を免れた。

 暑さと同じくらいにラグビーどころとしても知られる。北部の県熊谷スポーツ文化公園内のラグビー場(彩の国くまがやドームの左側)では、春に高校ラグビーの選抜大会が行われ、2019年にはワールドカップ日本大会の会場になった。「ラグビータウン」として、歴史とスポーツ文化が融合する街づくりが進められている。(渡部穣)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年9月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
営業時間
平日10:00~17:00