MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-194 ハンカイソウ群生地で一休みするホオアカ(高知・愛媛)

Z-194-2L他
価格:1,420円~16,300
プリントサイズ

商品概要

ハンカイソウ群生地で一休みするホオアカ =高知と愛媛県境で

 高知と愛媛両県にまたがる四国カルストで7月下旬、高原を黄色に彩るハンカイソウ群生地で一休みするホオアカ。標高は約1400メートル。気温20度。石灰岩の岩の上と花を行き来しながら、さえずっていた。ハンカイソウは高原に本格的な夏の訪れを告げる花だ。花言葉は「清々(すがすが)しい」。四国の花と鳥の姿に心から魅了された。

 ハンカイソウはキク科の多年草。高さ60~100センチ。四国カルストでは7月中旬から下旬に花が咲き誇る。分布は本州の静岡県以西と四国、九州の山地や草原など。人気があり、ハイカーや行楽客が次々に訪れては、盛んにシャッターを押していた。大宮や横浜、岡山など県外ナンバーの車も目立つ。名の由来は、高く堂々と直立する姿が中国・漢の時代の武将ハンカイのように豪快だからという。

 ホオアカは留鳥または漂鳥として、平地から山地の草原や農耕地などに分布するホオジロ科。ホオジロに似るが、頬が赤褐色。繁殖期の夏は高原で見られることが多く、夏山でのバードウオッチングの楽しみの一つだ。草原の灌木や花の先端に止まることが多い。漢字は「頬赤」と書く。全長16センチ。

 私の自然写真の撮影地が長年、関東甲信越地方中心のため、ハンカイソウは初めての出会いだった。今回、四国カルストに咲き誇る黄色の彩りに感動した。観察しているとハンカイソウの花にホオアカが止まる姿が時々見られ、数時間粘って、黄色い彩りと見返り美人を撮った。避暑を兼ねて、何度も訪れたい撮影地と思う。(堀内洋助)

【撮影データ】ニコンⅮ500 AF-Sニッコール500ミリf4+TC-14EⅡ 1000分の1秒 絞りF5.6
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
堀内カメラマンのWEB連載は今回で終了となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年9月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
営業時間
平日10:00~17:00