MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス 2021年7月4日 井の頭恩賜公園 渋沢ゆかり 池に憩う
フォトサービス 2021年7月4日 井の頭恩賜公園 渋沢ゆかり 池に憩う
  • フォトサービス 2021年7月4日 井の頭恩賜公園 渋沢ゆかり 池に憩う
  • フォトサービス 2021年7月4日 井の頭恩賜公園 渋沢ゆかり 池に憩う

フォトサービス 2021年7月4日 井の頭恩賜公園 渋沢ゆかり 池に憩う

nozom20210704-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 吉祥寺駅の南西、武蔵野市と三鷹市にまたがるエリア約43ヘクタールに広がる都立井の頭恩賜公園。その中心的な存在は今も昔も井の頭池だ。

 神田川の源流である井の頭池は江戸時代、上水道「神田上水」の水源として庶民の暮らしを支えた。池には水と関わりの深い弁財天が祭られている。豊富な湧水を誇ったが、高度成長期の住宅開発や地下水のくみ上げの影響で湧水量が激減。現在は公園内8本の井戸からの供給で辛うじて池の水量を保っているという。湧水の減少で水は濁り、夏にはアオコが発生していた。

 2013年度以降、池の水を抜いて池底を天日で干す「かいぼり」が3回行われ、水の透明度が回復した。6月から7月にかけ、池には絶滅危惧種の水草「ツツイトモ」が繁殖し、水鳥のつがいが子育てにいそしむ。そんな様子に地元の安藤亨さん(81)は「昔ながらの美しい池の姿が戻ってきた」と感慨深げだ。

 公園は1917(大正6)年、渋沢栄一らの尽力で日本初の郊外公園として開園。井の頭自然文化園の敷地にはかつて渋沢が校長を務めた東京市養育院感化部井之頭学校があった。 (花井勝規)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年7月の定休日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
営業時間
平日10:00~17:00