MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-192 ネジバナで一休みする日本最小トンボ(愛媛県)

Z-192-2L他
価格:1,420円~16,300
プリントサイズ

商品概要

ネジバナで一休みする日本最小トンボ=愛媛県西条市で

 愛媛県西条市の大明神池に隣接する湿地で6月23日朝、ラン科のネジバナで一休みする日本最小のハッチョウトンボ。淡い紅色の花に止まる赤い姿に魅了される。赤い腹を上にあげた姿が愛らしい。時々飛び上がってもすぐに近くの草の先に降りる。フワフワ飛ぶ姿は、まるで「赤い妖精」のようだ。地元の庄内ハッチョウトンボ保存会の保護活動の成果で、数多く生息する。心癒される光景に胸が高鳴った。
 ハッチョウトンボの体長は約2センチ。1円玉とほぼ同じ大きさだ。日本で一番小さなトンボで、世界的にも最小という。雄は赤く、雌は茶と黒の縞模様。5月中旬から9月中旬に出現して、ピークは6月中旬という。国内の分布は局地的で、見る機会は少ない。湿地などの限定的な環境に生息するため、その減少とともに数も減少している。

 2021ハッチョウトンボ国勢調査のホームページによると、生息地は愛媛県西条市、徳島県牟岐町と海陽町、愛知県豊田市、滋賀県竜王町などと局地的だ。その中で西条市の生息数は約800匹弱で一番多い。愛媛県は絶滅危惧種に指定し、特定希少野生動植物として採集を禁止する。

 日本では約200種のトンボが記録される。一番大きなトンボはオニヤンマ(11センチ)で、最小はハッチョウトンボ。オニヤンマとは何度も出会ったが、ハッチョウトンボは「幻のトンボ」だった。今回、念願が叶い感動した。数日間観察したが、夜明けから8時ごろまでは、トンボは落ち着いていた。9時ごろになると、活発に動きだすので、観察と撮影は早朝にしたい。(堀内洋助)

【撮影データ】 ニコンD500 AF-Sニッコール80~400ミリf4.5~5.6G 500分の1秒 絞りF8 ISO400
 

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年7月の定休日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
営業時間
平日10:00~17:00