MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-183 瀬戸大橋に沈む夕日と列車の奇跡の一瞬(香川県)

Z-183-2L他
価格:1,420円~16,300
プリントサイズ

商品概要

瀬戸大橋に沈む夕日と列車の奇跡の一瞬=香川県坂出市で

 香川県坂出市大屋冨町の海岸沿いで2月16日、瀬戸大橋に沈む夕日と列車が重なる一瞬を狙った。距離は約6キロ。太陽が大橋にかかっている時間は2分間ほどだ。オレンジの鮮やかな夕焼けの中、太陽はぐんぐんと落下する。17時43分、右側遠方から、快速「マリンライナー」が向かってきた。太陽は橋に架かった。「もう少しだ。頑張れ」と祈りを込めた。数十秒後、夕日のほぼ真ん中を貫いてくれた。奇跡の瞬間に胸が高鳴った。

 快速「マリンライナー」は岡山駅と高松駅間で運行される電車だ。1号車=写真左側=は二階建て車両5000系で、二階がグリーン車、一回が普通車指定席。基本的に1時間に2本運転される。太陽を通過した時、客席の中がくっきりと見えたのが印象的だった。

 瀬戸大橋は本州と四国を結ぶ10の橋の総称である。上部に瀬戸中央自動車道と下部にJR瀬戸大橋線が通る。鉄道道路併用橋としては世界一長い。全長は9368メートル。吊り橋と斜張橋、トラス橋などの橋梁が連なる光景は壮観だ。

 瀬戸大橋に沈む夕日と列車が重なるチャンスは、年に2回で約1週間ある。2月16日ごろと10月18日ごろの各3日間だ。但し、悪天候や列車の遅れなど、運にも左右される。2年半前、東京中日スポーツ「絶景を行く」に掲載した写真は10月18日に撮影した。どうにか太陽の上のぎりぎりで重なった。今回はリベンジとなり、真ん中を通過してくれた。。通算4回挑んで、二勝二敗。これからも毎年、楽しんでチャレンジしたい。(堀内洋助)

【撮影データ】ニコンD850 AF-Sニッコール600ミリf4+TC-14E 2000分の1秒 F8 ISO400

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年5月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
営業時間
平日10:00~17:00