MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

Z-182 幻想的な氷瀑をたたえる白猪の滝(愛媛県)

Z-182-2L他
価格:1,420円~16,300
プリントサイズ

商品概要

幻想的な氷瀑をたたえる白猪の滝=愛媛県東温市

 愛媛県東温市の白猪の滝で1月中旬、流れ落ちる滝が凍ってしまう「氷瀑」と呼ばれる幻想的な光景に出会った。厳寒の影響で、自然が氷の芸術を創造した。滝全体がまるで氷の彫刻のような姿だ。完全凍結ではなかったが、氷の中を少しだけ流れる水の音に趣があった。冬枯れの森と真っ白な氷とのコントラストに胸が高鳴った。

 滝の高さは961メートル。重信川の上流、皿ケ嶺連峰県立自然公園の中にある。標高は約700メートル。松山市内から約25キロ。無料駐車場から整備された山道を約1300メートル登る。温暖な瀬戸内海地方だが、この地域は冬の一時期、雪と氷の世界に。1月上旬に今季最強の寒波が到来し、数年ぶりの氷瀑になった。無数の氷柱が氷のシャンデリアのように美しい。

 正岡子規と夏目漱石も訪れ、多くの俳句や短歌を詠んだという。二人の句碑が滝の入口に建つ。「追いつめた鶺鴒見えず渓の景」(子規)、「雲来り雲去る瀑の紅葉かな」(漱石)。子規は明治24年8月、漱石は同28年11に観瀑した時の句だ。季節は違うが、約130年前の俳句に心癒された。

 四国地方整備局などが企画した四国の誇る景観「四国八十八景」に、厳寒の氷像アート「白猪の滝」として選定される。四季を通じて違う顔を見せるが、滝の水が凍りつく冬の幻想的な風景は圧巻。やはり、氷瀑なのだ。地元の観察者は「例年2月中旬までで、冷え込みが数日続いた日が良い」と話す。再び訪れたいと思う。(堀内洋助)

【撮影データ】ニコンD850 AF-Sニッコール18~35ミリf3.5~4.5G 250分の1秒 絞りF8 ISO400 露出補正+1

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年3月の定休日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
営業時間
平日10:00~17:00