MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-180 瀬戸内に沈む幻想的な夕日(香川県)

Z-180-2L他
価格:1,420円~16,300
プリントサイズ

商品概要

瀬戸内に沈む幻想的な夕日=香川県坂出市で

 香川県坂出市大屋富町の海岸で、瀬戸内に沈む夕日を狙った。水平線は灰色の雲に覆われていたが、幸いにも太陽が顔を出し、白から朱色に変幻してくれた。蜃気楼現象の「だるま夕日」になり、その約1分後、船が太陽を通過した。幻想的な一瞬の光景に胸が高鳴った。

 太陽は冬至(12月21日ごろ)には、西から約30度の南に沈む。夏至(6月21日ごろ)は西から約30度北に沈む。1年間で約60度も動くのだ。そのため、島が多い瀬戸内海では、夕日が島に重なり、水平線の海面に沈む光景を見る機会が少ない。地元の観察者によると、この海岸で見られる機会は、2月と10月の各5日間だけという。

 冬の四国西側の海岸では、海に沈む「だるま夕日」が人気を集める。太陽が海面に沈む直前、もう一つの太陽が海面に映り、だるまのように見える現象だ。高知県宿毛市の宿毛湾は11月中旬から2月下旬。愛媛県北条市と松山市、伊予市なども、11月から2月にかけて。これらの地域では、冬の海が温かく、空気が冷たいために発生する。

 海に沈む夕日を撮る時、手前に船や岩礁、灯台などの被写体があると、写真が魅力的になる。野鳥や人物を入れた一枚も面白い。この冬も、だるま夕日を引き立たせる被写体を探して海岸を歩きたいと思う。(堀内洋助)

【撮影データ】ニコンD850 AF-Sニッコール600ミリf4+TC-14E 1000分の1秒 絞りF8 ISO800

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承ください。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年4月の定休日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
営業時間
平日10:00~17:00