東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

2018年5月6日 国分寺 湧水の恵みに支えられ
2018年5月6日 国分寺 湧水の恵みに支えられ
  • 2018年5月6日 国分寺 湧水の恵みに支えられ
  • 2018年5月6日 国分寺 湧水の恵みに支えられ

2018年5月6日 国分寺 湧水の恵みに支えられ

nozomu20180506-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 国分寺駅から南へ歩くと、国分寺市を東西に流れる野川に出る。日立製作所中央研究所の庭園(4、11月に各1回、一般公開)の湧水を源とし、環境省の名水百選に選ばれた「お鷹(たか)の道・真姿(ますがた)の池湧水群」などの湧水を集め、世田谷区などを通って多摩川へと注ぐ。

 「ハケ」と呼ばれる武蔵野台地の崖から湧き出る地下水は、古くから人々の生活を支えてきた。奈良時代につくられ、国の史跡に指定されている「武蔵国分寺跡」は、こうした歴史の一面を示すという。「国分寺・名水と歴史的景観を守る会」副会長の龍神瑞穂さんは「豊かな湧水と自然、それに支えられてきた歴史と文化を伝えていきたい」と語る。

 JR中央線と西武国分寺線・多摩湖線が乗り入れる国分寺駅の北口では、当初計画から約50年を経て再開発が進む。今春、商業施設や公共施設、マンションが入るツインタワーができ、2020年には駅前の交通広場が完成予定だ。タワー内店舗を含む五つの地元商店会は、年内に統合して法人化を目指しており、その一つ「東栄会」の荒井大介会長(48)は「皆で力を合わせ、国分寺を盛り上げたい」と話している。 (服部展和)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年7月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00