東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

Z-170 夏木でエンゼルポーズするアオバズク(愛媛県松山市)

Z-170 夏木でエンゼルポーズするアオバズク(愛媛県松山市)

Z-170-2L他
価格:1,420円~16,300
プリントサイズ

商品概要

夏木でエンゼルポーズするアオバズク=愛媛県松山市の石手川緑地で

 愛媛県松山市の石手川緑地で7月中旬、エノキの枝でエンゼルポーズをするアオバズク。古木の青葉とコケに包まれて印象的だ。昼間はじっと休息していたが、突然に翼を持ち上げて尾羽を開くという大きな伸びをした。同時に眼も大きく見開いた。この姿が「天使の翼」のように見えることから、エンゼルポーズの愛称がついた。微笑ましい光景だ。野生が魅せる一瞬のドラマに胸が高鳴った。

 アオバズクは夏鳥として、平地から山地の林などに渡来するフクロウの仲間。樹洞などで子育てをする。漢字は「青葉木菟」と書く。青葉が茂る季節に飛来することが名の由来という。夜行性なので、日が沈むころに「ホッ、ホッ」と鳴き、活動を開始する。餌はガやセミ、コガネムシなどの昆虫類やコウモリなど。全長は29センチ。

 石手川河川敷にある緑地の林で毎年、子育てをするアオバズク。今年も5月下旬に渡来を確認した。樹洞のある営巣木は人気の遊歩道に隣接するため、人通りが絶えない。そのためか、人への警戒心が少ないようだ。ここはカラスが多く、声が聞こえると、大きく目を開き、声の方向に顔を向ける。

 7月中旬、樹洞からひなが顔を出した。実にかわいらしい。フクロウの仲間は、巣立ち前後のころが一番フォトジェニックだ。巣立ちを確認するため連日7日間、日の出ごろに訪れた。巣立ちした場合、早朝は親と並ぶ確率が高いためだ。残念ながら、その朝は離れて枝に止まり、寄り添う親子の写真は撮れなかった。来夏に期待したい。(堀内洋助)


【撮影データ】 ニコンD850 AF-Sニッコール80~400ミリf4.5~5.6G 125分の1秒 絞りF5.6 ISO800

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年8月の定休日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
営業時間
平日10:00~17:00