東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

2019年10月6日 川越 魅力増す小江戸
2019年10月6日 川越 魅力増す小江戸
  • 2019年10月6日 川越 魅力増す小江戸
  • 2019年10月6日 川越 魅力増す小江戸

2019年10月6日 川越 魅力増す小江戸

nozomu20191006-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 「小江戸」の風情を求めて年間700万人の観光客が訪れる埼玉県川越市。「蔵造りの町並み」「時の鐘」に代表される旧城下町の元になった川越城跡は、県立川越高校や市役所、野球場などに変わったが、高知城とともに国内で2例しかない現存する本丸御殿が、当時の面影をしのばせる。

 徳川家康の江戸転封(1590年)以来、北の要衝として重視された川越城には、幕府の重臣が城主に就いた。19、20の両日開かれる「川越まつり」は、現在につながる町割りを築いた城主の松平信綱が1648年、川越氷川神社に祭礼道具を寄進したのが始まりとされる。

 家康の信頼が厚かった天海大僧正が住職を務めた喜多院は1638年の大火で焼失後、徳川家光の命で江戸城から別殿を移築。徳川家との深いつながりを伝える。

 川越市は2022年の市制100周年に向けて本丸御殿前に江戸時代の塀や門を復元整備する。小江戸川越観光協会の根岸督好(とくよし)専務理事は「小江戸の魅力がさらに増える。博物館などで川越の歴史にも触れてほしい」と話している。 (中里宏)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年7月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00