東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

Z-167 夕映えの瀬戸内海と棚田(愛媛県伊予市)

Z-167 夕映えの瀬戸内海と棚田(愛媛県伊予市)

Z-167-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

夕映えの瀬戸内海と棚田=愛媛県伊予市で

 梅雨入りした四国に晴れ間が広がった2日、本谷の棚田(愛媛県伊予市双海町)を訪れた。傾斜地に曲線を描いて段々に連なる水田。眼下に夕日が沈む瀬戸内海が広がる。光の道が黄金から赤に移ろっていく。田を代掻きする農家の人は一幅の絵画のよう。鮮やかな夕映えに染まる空と海、棚田の絶景に魅了された。

 この棚田は探鳥にも最適だった。「ホーホケキョ」とウグイスの歌声が谷間に響き渡った。時々「トッキョキョカキョク」とホトトギスの哀愁を帯びた声も聞こえる。ツバメのシルエットが光り輝く瀬戸内に浮かび上がった。野鳥と向き合う時間が心地いい。日が沈むと鳥の声は消えて、カエルの大合唱が始まった。

 米紙ニューヨーク・タイムズが昨年、「2019年に行くべき52カ所の旅行先」として、「瀬戸内の島々」を日本で唯一選定した。記事で、しまなみ海道のサイクリングや広島平和記念資料館、香川県の島々で開幕する芸術祭なども紹介。瀬戸内が世界的に認められて感動した。残念ながら、今年は新型コロナ感染拡大の影響で外国人は少ない。

 マイフィールドは四国に移ったが、自然の息吹は全国どこでも変わらない。光と色が織りなす一瞬のドラマを見つめて、遍路という環境の中で写真を精進したいと思う。(堀内洋助)

【撮影データ】 ニコンD850 AF-Sニッコール24~70ミリf2.8 250分の1秒 絞りF8 ISO400

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」等の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年12月の定休日
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
営業時間
平日10:00~17:00