東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

2019年11月3日 南千住 貨物駅囲む高層住宅
2019年11月3日 南千住 貨物駅囲む高層住宅
  • 2019年11月3日 南千住 貨物駅囲む高層住宅
  • 2019年11月3日 南千住 貨物駅囲む高層住宅

2019年11月3日 南千住 貨物駅囲む高層住宅

nozomu20191103-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 隅田川沿いに、高層マンションやビルが立ち並ぶ南千住エリア。その一角を占めるのが、1897(明治30)年に開業したJR貨物隅田川駅だ。プラットホームはないが、規則正しく並んだコンテナ車が発車の順番を待つ。隣接する南千住駅は東京メトロ、JR東日本、つくばエクスプレスが通る。単身者や家族連れ、外国人からも「交通の便が良い」として人気の街となっている。

 しかし、南千住はもともと住宅街ではなかった。江戸時代、火葬場や刑場が設置され、埋葬された死者は20万人に上るともいわれる。延命寺の首切り地蔵尊は、その菩提(ぼだい)を弔うために建立された。明治になると企業が進出し、工業地帯の色を強める。航路や鉄道が発達し、常磐炭鉱の石炭を輸送する玄関口としての役割も担った。高層マンションが建ち始めたのは、平成に入ってからだ。

 一方、地域の商店は減っている。南千住駅前コツ通り商店街の杉山六郎会長(84)によると、同商店街の店数は最盛期の4分の1ほどになった。杉山さんは「地域に緑あふれる公園が少ない。人が集まる仕掛けが必要だ」と話す。 (天田優里)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年7月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00