MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-095  2018年4月11日 飯給駅の桜(千葉県市原市)

フォトサービス Z-095 2018年4月11日 飯給駅の桜(千葉県市原市)

Z-095-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

薄紅に照り映え水鏡

千葉県市原市の小湊鉄道飯給(いたぶ)駅付近で一日、田んぼの水鏡に映る列車と桜(ソメイヨシノ)を撮影した。ライトアップされた桜と水面の花いかだは幻想的だ。里山に警笛を鳴らして列車が出発すると、ホームのベンチに座る二人が見えた。夜桜見物の特等席だ。郷愁を感じるのどかな駅の雰囲気に心から魅了された。小湊鉄道は五井(ごい)駅から上総(かずさ)中野駅まで三九・一キロを結ぶ非電化の私鉄ローカル線。飯給駅は一九二六(大正十五)年九月に開業し今年で九十二年を迎える。この二本の桜は半世紀前に昔の駅長さんらが植えたという。今、桜は多くの鉄道ファンや観光客を集めるようになった。駅は五六年から無人駅に。そばには市原市が、約二百平方メートルの敷地にぽつんと立つアート作品のトイレを設置した。女性専用で定員一人。無料だ。インスタ映えと鉄道写真が融合して全国的に有名になった飯給駅。この一枚を撮る時、田んぼの周りに約七十台を超えるカメラの放列があった。列車が通り過ぎると、皆さん満足そうな笑みを浮かべていた。昨年秋の本紙主催「ほっとフォトコンテスト2017」では、読者の浅井和範さんが撮影した夜桜と駅、列車の写真が最優秀賞に輝いた。題名は「飯給駅の春」。素晴らしい一枚だった。毎年春、首都圏から多くの写真愛好家が集う。小湊鉄道によると、水が張られた田とライトアップは十年ほど前からという。今年は桜の満開が例年より約一週間早く、残念ながら今は葉桜になりライトアップは終了した。新緑の季節に、首都圏では珍しい気動車や里山トロッコ列車に乗って、再び飯給駅を訪れてみたい。


紙面より一部抜粋(2018年4月11日発行 東京新聞)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年7月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00