MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-080  2017年11月10日 秩父雲海夜景(埼玉県秩父市)

フォトサービス Z-080 2017年11月10日 秩父雲海夜景(埼玉県秩父市)

Z-080-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

幻想世界 七色の街

埼玉県秩父市と皆野町にまたがる美(み)の山公園から二日未明、秩父盆地に発生した雲海が見られた。市街地やセメント工場の明かりが雲海に反射して、七色に輝く幻想的な光景だった。霧が濃くなると明かりは見えなくなったが、薄くなってくるとベールのかかった夜景の美しさも十分に楽しめた。夜が明けると、荒川沿いには帯のように雲海が広がり壮観だった。美の山公園は単独峰である蓑山(みのやま)(標高五八一・五メートル)の山頂にある。二カ所の広い展望台から秩父盆地が見渡せる絶景ポイント。園内には外灯がないため、晴れていると満天の星を楽しめる。今は、南の空にオリオン座が鮮やかだ。秩父の雲海は春と秋に多く、特に十一月は発生率が高い。前日に雨が降った翌朝に、晴れた場合は期待できる。早朝の冷え込みも条件だ。秩父在住の気象予報士が、ブログ「秩父の雲海予報」で翌朝の雲海が発生する確率を毎日午後九時すぎに発表している。撮影した二日の確率は77%だった。雲海観察には、秩父ミューズパークの展望台と旅立ちの丘も人気だ。荒川にかかる秩父ハーブ橋がアクセントになる。正面には朝焼けも。展望台は狭いので、譲り合って撮影したい。十二月十日まで、展望台駐車場(「P10」と書かれたエリア)は夜間開放される。工場や街の夜景と雲海がコラボレーションしたファンタジーな絶景はこの場所ならでは。心が癒やされた。次回は盆地全体に発生する日に訪れたい。


紙面より一部抜粋(2017年11月10日発行 東京新聞、2017年11月23日発行 東京中日スポーツ)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年5月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00