MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-074  2017年9月14日 白駒池(長野県佐久穂町と小海町)

フォトサービス Z-074 2017年9月14日 白駒池(長野県佐久穂町と小海町)

Z-074-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

湖畔のオリオン 流星一閃

満天の星空が、静かな池の水面に輝いた。午前2時。中央に3つの星が並ぶオリオン座が東の空から昇った。左上に1等星ペテルギウスが赤く、右下にリゲルが青白く光る。一瞬、航空機の光跡が水面に映った。1時間に数回、流れ星も出現。気温は6度。神々しい秋の星空に魅了された。今月上旬、北八ケ岳の八千穂高原にある白駒池(長野県佐久穂町と小海町)を訪れた。標高は2115メートル。樹齢数百年を越えるコメツガやシラビソなどの原生林の中にある小さな池。特に、水面に映る様々な景観の美しさに感銘した。湖畔には「青苔荘」と「白駒荘」の2軒の山小屋がある。今回は東の空が正面に見られる「白駒荘」に宿泊。すぐ目の前から星空と池を撮影できた。池でスケートする選手の記念写真が玄関に展示されていた。山小屋主人の辰野廣茂さんは「60年前の光景。当時は日本代表選手がスピードスケートの合宿をした」と懐かしい思い出を話してくれた。50年ほど前が最後だった。池の周りを歩くと青いコケのじゅうたんが一面に広がる絶景が見られた。森には485種のコケが生育するという。国内で確認される約1800種の約4分の1に相当する。2008年には日本蘚苔(せんたい)類学会が「日本の貴重なコケの森」に選定した。訪れた初日は雨上がりのため霧に包まれ、美しい神秘的なコケを見ることができた。まもなく紅葉の季節を迎える。例年の見ごろは10月上旬。特にドウダンツツジの赤とダケカンバの黄色が鮮やかという。紅葉が水面を彩る風景を撮影しにもう一度、訪れたい。

紙面より一部抜粋(2017年9月14日発行 東京中日スポーツ)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2022年5月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
営業時間
平日10:00~17:00