東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

Z-039  2016年8月2日 華厳の滝(栃木県日光市)

Z-039 2016年8月2日 華厳の滝(栃木県日光市)

Z-039-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

ツバメ舞う七色の橋

 爆音を上げて一気に落下する水の造形美は、一幅の絵のようだ。七月下旬、涼を求め栃木県日光市の華厳(けごん)の滝を訪れた。水しぶきが虹を描き、岩壁の前でアマツバメとイワツバメが群れる。虹の中を飛ぶ貴重な瞬間にも遭遇した。
 滝の落差は九十七メートル。那智の滝(和歌山県)、袋田の滝(茨城県)とともに、日本三名瀑(ばく)の一つとされる。今夏は雨不足で、この日の落水量は毎秒〇・五トンと例年の半分以下。それでも豪快さは変わらず、岩壁のコケの美しさが際立っていた。
 運がよければ、虹は晴れた朝に見られるという。エレベーターで滝下の有料観瀑台に下りると、午前八時すぎから約三十分間、滝つぼの上に七色の橋が現れた。観光客から歓声が上がる。その後、滝の上に戻り無料の観瀑台に立つと、午前九時から十時ごろまで再び虹を確認。時間とともに、その位置は下に移動していった。
 アマツバメとイワツバメが虹の中を飛ぶ光景は、無料観瀑台からの撮影。下からだと滝と絡まない。
 両者は夏鳥で、滝周辺の岩壁に営巣する。よく混同されるが、アマツバメは全長二〇センチでイワツバメより大きい。盛夏は巣立ちビナが多い。滝のマイナスイオンを浴びて、たくさんの若ツバメが心地よさそうに羽ばたいていた。 


紙面より一部抜粋(2016年8月2日発行 東京新聞)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年7月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00