MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-031  2016年4月20日 上発知のシダレザクラ(群馬県沼田市)

フォトサービス Z-031 2016年4月20日 上発知のシダレザクラ(群馬県沼田市)

Z-031-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

桜と残雪の競演

 東京は葉桜の季節となったが、もう一度、春らんまんの桜に会いたくなり、上州路を16日に訪れた。「上発知(かみほっち)のシダレザクラ」は、のどかな里山の小高い塚の上に立つ。後方には、雪が残る日本百名山の武尊山(ほたかやま)(標高2158メートル)。美しい一本桜は、風雪に耐え、凜(りん)として毎年咲き続けてきた。
 群馬県沼田市の名木100選の1つで、周囲3・74メートル、樹高17メートル。毎春、数多くの写真愛好家がやってくる。この日も早朝から50人を超え、夕方までシャッターの音が途切れなかった。
 木の根元にお地蔵様が立つ。赤い前掛けをした姿は印象的で写真のワンポイントに。しかし、今年は着飾っていなかった。
 以前、桜を所有する農家の主人がお地蔵様を世話していた。亡くなった後、ある写真愛好家が引き継ぎ、赤い前掛けを着せ替えていたという。カメラマンたちは「今年はなぜ」と残念がっていた。
 「今年は暖かい日が続き、18日が満開。昨年は22日で4日早い。満開から4、5日ほどは見ごろ」と市観光交流課。南に約3キロ下ると、樹齢500年以上の一本桜「発知のヒガンザクラ」が高台で満開に。こちらは群馬県の天然記念物。発知の2本の桜が、同時に満開を迎えるのは珍しいという。
 NHK大河ドラマ「真田丸」で今、話題の沼田市。市内では真田丸展が開かれ、上州真田の里をPRする赤い旗が各所になびく。真田氏の時代に思いをはせ、花をめでるのも心地いい。


紙面より一部抜粋(2016/04/20発行 東京新聞、2016/04/22発行 東京中日スポーツ)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年3月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00