MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-009  2015年8月14日 夜の夏富士(山梨県富士吉田市)

フォトサービス Z-009 2015年8月14日 夜の夏富士(山梨県富士吉田市)

Z-009-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

夜の夏富士に白い道

 満天の星の下、光り輝く山小屋の明かりと山頂まで続く登山者のライトの列。夏の深夜から未明にかけて、暗黒の山肌に白い道が出現した。富士山は御来光を目的に、夜間に登る人が多い。
 午前2時前後に、ライトは山頂から六合目(標高2390メートル)までの吉田口登山道に太い線で結ばれた。その時、須走口登山道=写真(左)=のライトが本八合目(標高3400メートル)で合流し、「人」文字を作ったのが印象的。ピーク時は下山道からも登る人のライトがジグザグ模様を描いた。六合目から山頂までは距離5・5キロで約5時間。夏の夜に富士山が見せる絶景に魅了される。
 撮影ポイントは山梨県富士吉田市の県営林道滝沢線(通称滝沢林道)の標高1540メートル付近。吉田口登山道にある中ノ茶屋から車で林道に入ると6〜7キロ先で富士山の視界が良い場所に出る。道から10数メートル入ったところがビューポイント。林道はここから約5キロ先で通行止めになる。 この日、天の川が午前0時すぎ山頂の真上に現れた。「夏の大三角形」の星、こと座のベガ(織り姫星)、わし座のアルタイル(ひこ星)、はくちょう座のデネブも鮮やか。時々、流れ星も。幻想的な光景に魅了される。バードウオッチングに使う双眼鏡が星を見るのに役立った。
 20年前、東京新聞で企画「富士異彩」を1年間連載した時、取材班の一員で毎週のように富士山を歩いた。滝沢林道も数多く訪れた。しかし、当時のビューポイントは環境が変わって撮影不可に。月日の流れを実感した。 


紙面より一部抜粋(2015/08/13発行 東京新聞、2015/08/14発行 東京中日スポーツ)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年5月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00