MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

フォトサービス Z-004  2015年6月26日 真岡鉄道 「天矢場の急勾配」(栃木県)

フォトサービス Z-004 2015年6月26日 真岡鉄道 「天矢場の急勾配」(栃木県)

Z-004-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

意気盛ん!SLもおか

 シュシュポポ、シュシュポポ」と蒸気機関車(SL)のドラフト音が、梅雨空の森に響き渡った。真岡鐵道真岡線茂木〜天矢場駅間、小雨にぬれた25パーミルの急勾配を煙を上げてばく進する「SLもおか」。動輪付近から噴き出す蒸気も印象的。昭和の郷愁を感じさせる絶景である。
ここは人気のSL撮影地として知られる。モータースポーツで有名なツインリンクもてぎから西へ約5キロ。茂木駅から「道の駅もてぎ」沿いに線路が走り、天矢場駅100メートル手前まで約1・5キロの急勾配が続く。通過は14時30分前後。撮影ポイントは数多い。この写真は天矢場駅から約800メートル茂木寄り。「お立ち台」が造成され、500円の入場料が必要。
 真岡鐵道は茨城県筑西市の下館駅と栃木県茂木町の茂木駅を結ぶ41・9キロ。1994(平成6)年3月から「C12形」でSL列車を運行する。1年を通じてほぼ毎週土、日曜、祝日に1往復。客車は50系3両。乗車にはSL整理券、大人500円(小人250円)が必要でJR東日本のみどりの窓口などで発売。
帰りに駅舎がSLの形をしたユニークな真岡駅の「SLキューロク館」を訪れた。入場無料。ここは「キューロク」の愛称で親しまれたSL「9600形」を動かせる状態で展示する。隣には北海道向けに製造の旧型客車スハフ44形も。座席に座ると、懐かしい匂いと空間に魅了された。
 今年12月、北海道で国鉄最後のSL列車が消えて40年を迎える。当時、大学の鉄道研究会で「鉄ちゃん」として、約90日間も最後のSLを撮影した。スハフ44形の夜行列車に何度も乗った青春の日々が思い出された。



紙面より一部抜粋(2015年6月26日発行 東京中日スポーツ)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2024年3月の定休日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
営業時間
平日10:00~17:00