東京新聞オフィシャルショップ

現在カート内に商品はございません。

2017年10月1日 大岡山 学生見守る温かさ
2017年10月1日 大岡山 学生見守る温かさ
  • 2017年10月1日 大岡山 学生見守る温かさ
  • 2017年10月1日 大岡山 学生見守る温かさ

2017年10月1日 大岡山 学生見守る温かさ

nozomu20171001-2L他
価格:710円~8,150
プリントサイズ

商品概要

 駅前に広がる東京工業大のキャンパスで有名な大岡山。大田、目黒両区の境界に位置し、東急大井町線・目黒線の大岡山駅や商店街の多くは大田区北千束だ。だが、地名の由来は目黒区にある。

 目黒区の公式ウェブサイトによると、区南部を流れる呑川(のみがわ)に沿って狭い丘が連なる地域のため、南北に続く小高い山という意味で「大岡山」の名が付いたという。一帯は1923年に目蒲線(現目黒線)の大岡山駅ができ、翌年に東京高等工業学校(現東工大)が移ってきたことで発展した。

 大岡山北口商店街で果物店「マルトフルーツ」を営む横尾吉雄さん(72)は61年、山形県から集団就職で上京しこの店で働き始めた。今も、格安なスーパーには値段でかなわない分、大田市場でえりすぐった「品の良い」果物を扱う。

 商店街の副理事長も務め、東工大の大学祭に合わせたイベントを企画するなど、地域で学生の街を盛り上げる。近所に住む学生も多いが、敷居が高いのか、なかなか客としては訪れない。「リンゴ1個でも良いよ。たまにはおいしい果物を食べてみて」。古参の店主の願いだ。 (神谷円香)

注意事項

お届けする写真には「東京新聞 / 東京中日スポーツ」の透かしは入りません。
写真サイズの比率により余白部分が出る場合がございます。ご了承ください。
お届けする写真は、より実際のイメージに近づけるよう、画質補正・色調補正などを行っております。お客様がお使いのモニターにより印象が異なる場合がございますので予めご了承くださ い。
お分けする写真は、個人で記念として保存されるものに限ります。
出版物への転載、複写は固くお断りします。
受注制作のため、入金確認後、1週間~10日前後程度でのお届けとなります。半切・全紙サイズは1ヶ月程度かかります。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2020年7月の定休日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
営業時間
平日10:00~17:00