MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

高砂淳二・サイン本 「PLANET OF WATER」
高砂淳二・サイン本 「PLANET OF WATER」
  • 高砂淳二・サイン本 「PLANET OF WATER」
  • 高砂淳二・サイン本 「PLANET OF WATER」

高砂淳二・サイン本 「PLANET OF WATER」

978-4-863-13453-9

期間限定販売対象商品

<販売期間終了>

販売期間は終了しました

生命豊かな絶景、愛らしい動物たちの姿、雨の中いきいきと色づく花、轟く滝や青い海、雨に鎮まる森、吹雪の南極──すべてが美しく愛おしい。水がめぐるさまを追いかけ、美しい地球のすがたを見せる。

112ページ
A4変型判(20.6 x 29.7 x 1.1 cm)

別途送料250円かかります。

商品のお届けまで1ヶ月程度かかる場合がございます。
予めご了承の上ご注文ください。


※海外への発送をご希望の方はお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。
別途実費がかかります。

神秘的な夜の虹の風景やイルカなど野生動物の生き生きとした生態を撮影することで知られる自然写真家高砂淳二さんのサイン本を、東京新聞チャンネルでの環境問題講演会『「光と虹と神話」~歩いて見てきた地球の今~』にちなみ限定予約販売します。
 

「PLANET of WATER」

 自然写真家の高砂淳二さんが、南極の巨大氷山から大洋を泳ぐクジラなど地球の生きものの姿を追った写真集「PLANET of WATER」を日経ナショナルジオグラフィック社から出版した。

高砂さんは宮城県石巻市出身。宇都宮大卒業後、水中カメラマンとなり、世界各地の大自然をテーマに取材活動している。
実家は2011年3月の東日本大震災の津波で被災した経験を持つが、自然の脅威と並立する偉大さをあえて紹介するべく世界を回っているという。
高砂さんは「青く美しく輝く、宇宙のオアシスのような地球の3分の2をおおう水は、海水、雲、雨、雪、氷と形を変えながら循環し命を育んでくれている。そんな水を味方につけて悠々と泳ぐクジラ、雪に守られて暮らすホッキョクグマなどの姿を、極地から熱帯まで追い求めた」と説明。「僕ら人間の体の約3分の2も水でできている。地球と僕らは一心同体なのだということを肌で感じてほしい」と呼び掛けている。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年3月の定休日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
営業時間
平日10:00~17:00