MENU
MENU
東京新聞オフィシャルショップ
カート

現在カート内に商品はございません。

高砂淳二・サイン本 「光と虹と神話」
高砂淳二・サイン本 「光と虹と神話」
  • 高砂淳二・サイン本 「光と虹と神話」
  • 高砂淳二・サイン本 「光と虹と神話」

高砂淳二・サイン本 「光と虹と神話」

978-4-635-24120-5

期間限定販売対象商品

<販売期間終了>

販売期間は終了しました

自然写真家・高砂淳二が世界の絶景を撮る、書く!秘境にまで及ぶ環境破壊、地球と人の未来へのメッセージ。

144ページ
A5判(21 x 14.8 x 2.5 cm)

別途送料250円かかります。

商品のお届けまで1ヶ月程度かかる場合がございます。
予めご了承の上ご注文ください。

※海外への発送をご希望の方はお問い合わせページよりお問い合わせ下さい。
別途実費がかかります。

神秘的な夜の虹の風景やイルカなど野生動物の生き生きとした生態を撮影することで知られる自然写真家高砂淳二さんのサイン本を、東京新聞チャンネルでの環境問題講演会『「光と虹と神話」~歩いて見てきた地球の今~』にちなみ限定予約販売します。

「光と虹と神話」

 写真家の高砂淳二さんが、世界各地の大自然を取材した写真と思いをつづったフォトエッセー集「光と虹と神話」を山と渓谷社から出版した。
 紹介しているのは、これまで100カ国以上を取材してきた中から選んだ34カ所。特にコスタリカの海岸で何10万頭ものヒメウミガメが産卵のため上陸する幻想的な場面では、政府や市民が産卵環境の保全に取り組んでいる状況を紹介し、人間と野生生物の共存の重要性を訴えている。

このほかにも、天空の鏡ウユニ湖やフィジーの巨大ザメの群れ、南極のペンギンコロニーなど鮮やかな写真が紹介されている。高砂さんの著作は共著やポストカードなど多数。

「美しい風景を追ってきたが、人間社会から遠く離れた海もプラスチックで汚れている。ヒト種族の自然破壊も極限に達しつつあり、今が分岐点だと実感する」としながら「私たちは、心とテクノロジーで困難を乗り越え、新たな進化をなしとげられるはず」と本に込めた思いを強調している。

プリントサイズ・価格・送料

営業日カレンダー

赤字は、休業日です

2021年3月の定休日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
営業時間
平日10:00~17:00